--'--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



↓宜しかったらポチっとお願いします。
にほんブログ村 鳥ブログ インコへ
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009'05.24 (Sun)

翼を持つ動物達へ

愛鳥を失う3大要素は病気(伝染病、内臓疾患)、外傷、逃走だそうで、前者2要因は治療等で回復出来る場合もありますが、逃走だけは戻ってくる確率も低く行方不明のままというケースが殆どだそうです。我が家が通っている鳥の病院にも「探しています」という張り紙が絶えず貼られており、それを見る度に胸が痛くなる思いです。

勿論ペットの逃走は私を含め飼い主側の責任ですが、しかし誰にでも間違いは起こりうるものだと思いますしそれを叱責しても根本的な問題は解決しないと思います。やはり大事なのはその問題を改善し、同じ過ちをしない事(再発防止の改善)だと思います。
しかし例えば・・・
【原因】つい、うっかり、窓を開けていた。気が付かなかった。
【対策】もっと日頃から気をつけるようにする。
残念ながらこれでは解決にはなりません。勿論日頃から気を付ける事も大事ですが、もっと別な観点から対策を練らないと事故発生の確率は収束しないと思われます。何故なら人間側にとって「つい、うっかり」を"0%"にする事は不可能なのですから。

そこで私なりに色々調べてみたのですが、まず最初の案は防止対策というよりも事故発生後のリカバリー案となってしまいますがこんな装置があるようです。

1.テレメトリーシステムによる位置の確認
リードフリーでフライトをさせる鷹匠の間では既にテレメトリーシステムというものが確立されています。これは万が一ロストした時の為に鷹に位置検索用の小型発信器を取り付けるというもの。野生動物の生態観察用にも使われたりします。

テレメトリーシステムを装着した猛禽。
掛川花鳥園のハリスホーク君にも使用されているそうです。

falconryworldより転載


最近では、より小型化されてきました。

falconryworldより転載

段々と小型化されつつあるものの体型の小さなインコ達にはまだまだ無理なサイズなのと、やはりいつも装着している訳には行かないだろうし、何よりもお値段が・・・・ インコサイズでしかも常時付けとくとなるとやはり足輪程度のサイズまで小さくならないと常用は難しそうですね。事故はいつ起こるか判りませんので。という事でまだまだ先のテクノロジーであるようです。


次に、じゃぁ逃走できるような条件が出来た時に警告を促すような・・・

2.逃走防止装置って出来ないかな?
私なりに色々検討した結果、こんなものを考えてみました。(クリックで拡大します)
放鳥事故防止装置の案
近年の電子部品のコストダウン化で数千円程度で凝ったラジコンのオモチャが買えるまでに到っています。ですのでこの程度の構造のものだったら多分1万円以下で実現可能なような気がします。そしてこの案をダメ元でケージメーカーにメールしてみました。勿論送付先はHOEIさんです。何せ信者ですから(笑)
何かしら反応が返ってくると嬉しいのですが・・・

皆さんも何か良いアイディアがあったら提案してみては如何でしょうか。

テーマ : インコだぁーい好き - ジャンル : ペット




↓宜しかったらポチっとお願いします。
にほんブログ村 鳥ブログ インコへ
12:39  |  インコ全般  |  CM(5)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

★逃走防止装置

個体ずつに発信器が付けられれば、
確かに逃げてしまった時に居場所を特定できて、
捕獲する事ができますよね。
体に埋め込むタイプはやはり負担もかかるだろうし、
こういうモノがつけられるのはいいかも。
→これはワンコでもカラーについていたら
いいなぁって思います。

ちくわさんの逃走防止装置、いいですね~。
実家に帰ると痴呆の祖母がいたり、
たまにパパりんがヒバちゃんを出したりするので、
心配なんですよぉ(;^ω^A
私は前科者なので鳥の世話をする場合は、
まず最初に全部窓を点検する…という癖はつけていますが、
それも万全じゃないですものね。
防止装置が開発されると嬉しいなぁって思います。
アイアイ | 2009年05月24日(日) 22:44 | URL | コメント編集

こんばんは。
最近、気候がよくなってきたこともあって
迷子の情報があちこちのブログにも貼られていますよね。
私も気になるものの、見るのが辛くて・・・。

そんな記事を見るたびに「絶対にそういうことがないようにしなければ!」
・・・と、気持ちがひきしまります。
逃走防止装置があると、迷子の小鳥さんは確実に減りますよね。
ちくわさんはHOEI信者さんでしたもんねー^^

マメやっこ | 2009年05月24日(日) 23:47 | URL | コメント編集

★★アイアイさんへ

こんばんは。
そうですよね~
猛禽やコンゴウさんレベルならこれもアリかなとは思いますが
小型インコにはまだまだコンパクトにしないとダメそうですね。

ちなみにワンちゃんネコちゃん用は実用化されているようです。
猟犬とかにも装着されているのを見た事ありますし。
http://www.global-point.co.jp/products/pet_1.html
しかしやはり大量生産によるコスト削減が出来ないのか
かなり高めですv-12
ちくわ | 2009年05月25日(月) 00:57 | URL | コメント編集

★★マメやっこさんへ

こんばんは。
脱走するのは鳥だけではなく、フェレットやモモンガ、トカゲ等
足の速い動物も時々あるそうです。 
クリップをすれば手っ取り早いのかも知れませんが・・・う~ん。
悩みますね(v-388)
ちくわ | 2009年05月25日(月) 01:05 | URL | コメント編集

★逃走防止

おはようございます。逃走防止装置いいですね!
色々な条件の時に使用できそうです。
小さなお子さんがいるお家とか^^v
HOEIさんから何か言ってきてくれるかな?楽しみです^ワ^
本鳥に脱走するつもりがなくても
出てしまうことは多々ありますから><
GPS機能付きの足輪
開発されたらつけたい。。T_T  でも、高そうですね^^;
みずいろ | 2009年05月25日(月) 08:46 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。