--'--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



↓宜しかったらポチっとお願いします。
にほんブログ村 鳥ブログ インコへ
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2011'06.09 (Thu)

インコネタではないのですが

往復の通勤時間が余りにも暇だったので数年ぶり?に一冊の本を購入した。
私は今まで、芥川賞作品というものは作家のエリート中のエリートな人(悪く言えばタカビーな人)が書いたもので自分には縁遠いものという認識だった。しかしこの本の著者である西村賢太さんはTVインタビューで見た限りではとても親近感のある人に思えて印象に残っていたのが、この本を選んだ理由の1つであったりします。

【送料無料】苦役列車

【送料無料】苦役列車
価格:1,260円(税込、送料別)



しかし話の流れ自体は読み易いものの、流石芥川賞作品。出てくる漢字熟語の一つ一つが読み方さえ判らないものが多く「自分はこんなにも漢字が読めないのか」とちょっとガックリしつつも、大体こんな意味だろうと適当に脳内で置き換えながらも一気に読んでしまいました。

たまには読書も良いものですね。

テーマ : ひとりごとのようなもの - ジャンル : 日記




↓宜しかったらポチっとお願いします。
にほんブログ村 鳥ブログ インコへ
00:00  |  その他日記  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。