--'--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



↓宜しかったらポチっとお願いします。
にほんブログ村 鳥ブログ インコへ
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2008'10.09 (Thu)

検査方法と今の現状 (長文)

前の日記の続きです
PBFDに関して先生から色々とお話しを伺ったので記載しておきます。

スミレインコのくまこをお迎えした日、ショップさんからは確かにPBFD陰性の結果報告書を一緒に頂きました。ですので私達も安心してお迎えをする事を決めました。勿論、先住の三羽も既に陰性の確認済みです。しかし今回は何故このような不幸な間違いが起きてしまったのでしょうか?

私自身も素人ながら色々と考えていました。

 ・検査時は確かに陰性だったけど、検査後~お迎え前の間に感染してしまった。
 ・本当は陰性だけど今回は"擬陽性"として出てしまった。

私も人間ですので「出来れば後記であって欲しい」などと自分に都合の良いように考えたりもしましたが、最終的に今回のようなケースが良くある事なのか?先生にぶっちゃけ伺ってみました。すると先生はかなり言い難そうに説明してくれたのです。

PBFDの原因となるサーコウイルスは宿主(鳥)の種類によって検査結果の出方が多少異なるようです。もしかしたら亜種も存在するかも知れません。(インフルエンザにも香港A型とか複数存在するように) また、特にローリー、オカメインコは感染してても"疑陰性"と出てしまうケースも少なくないようです。しかしそれらにも対応出来るよう検査方法も日々改善、進化してるそうですが検査機関によっては古い手法のまま行っているのも事実らしいのです。

今思い出すとくまこの最初の健康診断の日、私は先生に堂々とショップさんからの結果報告書を提出しなのですが逆に先生はPBFD、オウム病の再検査を薦めてきました。

幾ら何でも早すぎでは?と思ったのですが先生からの説明では「この種類(ピオヌス系?)のインコはPBFDの感受性が高い為に念の為」との事でしたが、本心は報告書の検査機関名から判断して再検査を薦めたんだと思います。しかし獣医という立場上、他の検査機関に対して批判的な発言は出来なかったのではないでしょうか。

また初診で来る飼い主さんにはPBFD、オウム病の検査を薦めるものの不要だからと断る飼い主さんも少なくないらしいです。やはり安くはない検査料と、もし発見できたとしても「不治の病」なので無駄、という意識があるのでしょうか・・・そこは私の勝手な予測なのですが・・・

最後になりましたが「今日のくまこ」の状態。

体重:朝170g 夜182g
特に外見に変化は見られず。





(以下、かあちゃん()投稿)


『PBFDの治療』

4カ月で1クールの投薬治療、その後再検査を行うとの事でした。通常は1ヵ月に1度の診察で良いそうですが、くまこの場合入院時の病気の治療も兼ねているので次回の診察は10日後になりました。


『お迎え時の検査では「陰性」→今回の検査で「陽性」が出た事について』

検査する場所が異なっている為検査方法も若干違うそうです。くまこと同じようにお迎え時の検査で「陰性」の子が再検査で「陽性」と出てしまうケースが残念ながら少ないくないようです。くまこがいつ感染したのかは不明ですが、早い時期に判明し治療出来る事が一番だと感じています。


『他3羽(セキセイ・オカメ・サザナミ)の事』

やはり早い時期で3羽共検査をした方が良いとの事でした。。通常は「糞」検査のみですがこの3羽に関しては感染している可能性が考えられるので「血液検査」も同時にした方が確実とのお話しでした。通常の診察時間外での診察をお願い(予約)してきました。先生の見解では、くまこと他3羽は種類(部類)が全く違うので感染の可能性は低いかもしれないとの事でした。


『発症・陰転』

個体数が少ないせいだと思いますが陽性反応が出たスミレインコは先生が知る範囲でいないそうです。その為現時点で発症しているかどうかの判断が難しいようです。見た目(外見)ではPBFDの症状は見られないとの事でした。

セキセイなどのクラスでは発症後に「陰転」する子が多く見られるそうでが、それとは逆にヨウムクラスでは発症後の陰転は少ないそうです。こちらの病院では発症後に陰転したヨウムさんは1羽のみだそうです。




前の日記にも書きましたが、くまこの診察は通常の診察終了後の予約になります。この日はPBFD判明後初の診察だった事もあり約1時間に渡って診て頂きました。治療して頂ける事だけでも有難いのですが、先生方をはじめスタッフの方のとても丁寧な対応にウルっと涙が出そうになりました。

退院後、くまこは沢山餌を食べ体重も170をキープしています。陰転するのか発症がいつになるのか先の事は全く分かりませんが、くまことの時間を大切にしていきたいと思います。


※PBFDは解明されてない事が多く、
上記に記載した内容はあくまでも診察して頂いた先生の見解です。


テーマ : ペットの健康・病気・怪我 - ジャンル : ペット




↓宜しかったらポチっとお願いします。
にほんブログ村 鳥ブログ インコへ
01:57  |  PBFDとの戦い  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

★管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 | 2008年10月10日(金) 00:51 |  | コメント編集

★↑コメントありがとうございます

色々と為になりました。
そうですよね。あまりネガティブに考えても
仕方がないですもんねv-521

あとこういうお話はこれからお迎えを予定する方達にも
参考になると思いますので、私的にはOpenでも全然
構わないと思いますよ。

また色々と助言頂ければ嬉しいです。
ちくわ | 2008年10月10日(金) 23:58 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。